この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

女性にとって髪型はオシャレの1つ。

ゆるふわのパーマにしたり、ストレートロングにしたりと気分によって色んな髪型を楽しんでいる人も多いでしょう。

 

しかし、雨の日になると急に髪型が決まらなくなり

  • 『せっかく早起きしてストレートにしたのに、髪の毛が広がる・・・』
  • 『一生懸命巻いた髪が湿気のせいでぐちゃぐちゃ・・・』

なんてことを経験したことがあるでしょう。

 

雨の日の髪型というのは、もはや女性共通の悩みと言ってもいいでしょう。

そこで今回は、雨の日でもバチッと決まるロングヘアーアレンジと湿気にも負けないキープ方法もご紹介していきます!

これを知っておけば、雨の日だって可愛くオシャレすることができますよ♪

 

雨の日に髪型が決まらない原因は?

雨の日は髪型に苦戦?!ロングアレンジやキープ方法は?

雨の日は髪型が決まらないから最悪・・・とお悩みの方も多いかと思いますが、その原因はズバリ『湿気』

この湿気のせいでいつもと髪質が変わってしまい、上手くまとめることができなかったり思い通りの髪型にできなくなってしまうのです。

 

特に、湿気によって起こってしまうトラブルが以下の2つでしょう。

  • 髪が広がる
  • ボリュームがなくなる

 

まず、湿気で髪の毛が広がってしまう人は髪の毛がダメージを受けて傷んでいる可能性があります。

本来、髪の毛はダメージを防ぐキューティクルで覆われているのですが、ダメージを受けて剥がれてしまうと水分が入り込み膨張して広がってしまうのです。

膨張するだけでなくうねってしまうことで、髪全体がぼわっとしてしまうというわけ。

 

逆に、人によっては髪型がぺたんこになる場合もありますが、これは髪のボリュームが関係しています。

髪の毛のボリュームが少なかったり、毛が細いと水分の重さに押しつぶされてぺったんこになってしまうのです。

 

このように、雨の日の湿気は髪の毛に色んなトラブルをもたらすのですが、そのことに悩んでいる人はたくさんいるようです・・・。

 

雨の日の髪型に悩む人の声・・・

 

このように、雨の日は髪型が決まらなくて悩んでいる人がたくさんいるようです。

髪型が決まらないとその日1日の気分も乗らず、テンションもガタ落ちに・・・。

ただ、そんな雨の日でもできるおすすめのロングヘアアレンジがあるのでご紹介していきます!

 

雨の日にすぐできるロングヘアアレンジ方法は?

雨の日は髪型に苦戦?!ロングアレンジやキープ方法は?

雨の日にアレンジしてもすぐ崩れるし・・・とセットすることを諦めている人もいませんか?

そんな方でも簡単にできるアレンジ方法があるので、ぜひ実践してみてください。

 

ヘアアレンジ前の事前準備

ヘアアレンジをする前にまずは事前準備から行っていきましょう。

雨の日に髪型が決まらないのは湿気のせいだとお伝えした通り、上手く髪型を決めるためには湿気対策をするのがポイントです。

湿気対策ができれば、いつもと同じ環境を作り出すことができ、思い通りの髪型もできるはず。

 

そこで、雨の日のような湿気が多い日に水分が髪に入り込まないよう以下のアイテムを使うのがおすすめです!

  • ワックス
  • 洗い流さないタイプのトリートメント

どちらでも湿気対策はできますが、髪へのダメージが少ないのは洗い流さないタイプトリートメントなので、こちらを使うのがいいでしょう。

 

人によってはムースを使って湿気対策をしているかもしれませんが、ムースには水分が多いのでNG。

ムースを付けるとより水分が入り込んでしまい、うねりをひどくさせてしまいます。

なので、湿気の多い日にはムースは使わないようにしましょう。

 

湿気対策は重要ですが、上記のアイテムをつけすぎると髪の毛がベタベタになって不潔に見られることがあります。

しっかりと対策したい気持ちは分かりますが、つけ過ぎには十分注意してください。

 

雨の日にできるアホ毛対策

広がりやぺたんこに加えて、雨の日には短いアホ毛も多くなります。

アホ毛のせいでせっかく決まった髪型も台無しになってしまうので、こちらもしっかりケアしておきたいところ。

そこで、アホ毛対策としておすすめなのが『ハードスプレー』で、こちらを髪の毛ではなく手のひらに吹きかけアホ毛を押さえていきます。

 

手に吹きかける理由は、人の体温によってスプレーがいい感じに柔らかくなり、髪にもなじみやすくなるから。

手に吹きかけるのは汚れるから嫌という人は、櫛(クシ)にかけて髪をとくのも1つの方法です。

さて、ここまでがアレンジまでの事前準備となりますので、ここからは雨の日におすすめのアレンジ法を見ていきましょう!

 

雨の日のロングヘアアレンジ1:ポニーテール

出典:https://beauty.authors.jp/hair/53930

ポニーテールは男性からも人気の高い髪型ですが、雨の日にも簡単にできておすすめなヘアアレンジ!

低めでルーズなポニーテールが最近とのトレンドなので、ぜひやってみてはいかがでしょうか?

ポニーテールなら雨の日に広がったりぺたんこになってもできるので、髪型が決まらず悩むこともなくなるでしょう。

 

ポニーテールはスプレーを使うことでボリュームを足すことができるので、ぺたんこになってしまっても逆毛をたてることでオシャレなヘアースタイルになりますよ。

より可愛く見せるならゴム止めをした後にバランス良く崩すと女の子らしくなってキュートに♡

髪の毛を巻いた時だと毛先をゴムの中に入れ込んでおけば、引っかかってしまうこともなく快適に過ごせるでしょう。

 

ヘアアレンジの中でもポニーテールは時間をかけずにでき、万が一乱れてもすぐに手直しできるので非常におすすめです。

雨の日は何かと髪型も崩れやすいので、ポニーテールで上手く乗り切ってみましょう!

 

雨の日のロングヘアアレンジ2:ハーフアップ

雨の日は髪型に苦戦?!ロングアレンジやキープ方法は?

出典:https://tokyo.cawaii.media/mina/27456

ポニーテール以外だとハーフアップもおすすめです。

ハーフアップも手軽にできるのに女の子らしい可愛い髪型なので、雨の日にも最適!

あまりアップスタイルが好きじゃない人も、ハーフアップなら気にならない程度なので上手くアレンジできるかと思います。

 

また、ピンポイントにボリュームダウンすることもできるので、もとから毛の量が多い人もボリューム感を押さえてスッキリ見せることができますよ。

逆に、ぺたんこになってしまう人も髪の毛を盛ることができるので、ボリュームアップを図りたい時におすすめ!

髪の毛を結んだ後にちょっとずつ毛束を持ち上げていけば、自然なボリューム感を出すことができます。

 

様々な髪のボリュームの人でもできるので、ぜひ一度やってみてください。

 

雨の日のロングヘアアレンジ3:くるりんぱアレンジ

くるりんぱアレンジとは、結んだ髪の毛に毛先を通すアレンジ方法で雨の日に毛をまとめたい時などにおすすめです!

すでにご紹介したポニーテールやハーフアップもくるりんぱアレンジをすれば、より一層可愛くなるでしょう♪

 

くるりんぱアレンジには、主に以下のようなものがあります。

  • くるりんぱポニーテール
  • くるりんぱハーフアップ
  • くるりんぱシニヨン

 

1:くるりんぱポニーテール

出典:https://beauty.authors.jp/hair/32384

くるりんぱポニーテールは、ポニーテールを作る時に出来る結び目の上に穴を作って、そこに毛先を入れるだけの簡単なアレンジ方法。

毛先を入れた後に毛束を少しずつ出せば、ゆるふわなシルエットに仕上がります。

ピンを使わず髪の毛をまとめることができ、動きも出すことができるのでオシャレも楽しむことができます。

 

敢えて後れ毛を出せば、自然な可愛さも演出することができるので雨の日にピッタリの髪型だといえます。

髪の毛を結ぶ位置を変えれば、雰囲気も変えることができるので色んな位置で試してみてください。

 

2:くるりんぱハーフアップ

雨の日は髪型に苦戦?!ロングアレンジやキープ方法は?

出典:http://www.kanebocos.net/20160629-6163

基本的にくるりんぱポニーテールと同じですが、ハーフアップ後に毛束を取り出すと可愛いヘアースタイルになります。

こちらも結ぶ位置や出す毛の量を変えることで、雰囲気も違ってくるのでお気に入りのやり方を探すといいでしょう。

おすすめは、結ぶ量を少なめにしてくるりんぱを繰り返して作るお姫様スタイルです。

 

髪の色をグラデーションに見せることもでき、女性らしさを際だたせることもできちゃいますよ♪

 

3:くるりんぱシニヨン

出典:https://beauty.yahoo.co.jp/beauty/articles/175547

普通にやると少し手こずるシニヨンも、くるりんぱを使うことで手軽にできてしまいます。

途中まではポニーテールと同じで、毛先を抜くのではなくお団子の状態にするのがポイント。

あとは、くるりんぱの位置から髪の毛を入れ込み、お団子に巻きつけるようにしていけば完成。

 

ある程度の長さがないとできないヘアースタイルなので、ロングレアの人におすすめだといえます。

結婚式やパーティーなど特別な時にも使える髪型なので、上手く使い分けてみてください。

 

手軽にできるロングのキープ方法は?

雨の日にもできるヘアアレンジをマスターしたら、今度はどうやってキープすればいいのかも気になるでしょう。

せっかく髪型を決めても、湿気がそれを邪魔してくるのでキープできるようにしたいところ。

そこで、おすすめのキープ方法もお伝えしていきますね!

 

雨の日のキープ方法

雨の日に負けないよう髪型をキープさせるには、ドライヤーの使い方がポイントとなってきます。

いつもドライヤーをブローにして使っている人は、冷風にして長い時間かけることでツヤのあるキレイな髪の毛にすることができます。

ほとんど乾くくらいまで冷風を当て続けたら、最後の仕上げだけ熱風にすると自然なボリューム感を出すことが可能に!

 

あとは、その状態をキープするためにキープ力の高いワックスを使うことで湿気にも負けず維持することができます。

ワックスは髪全体ではなく毛先に重点的につけていきましょう。

根本に塗るとギトギトになってしまうので、不潔な印象を与えてしまいます。

 

毛先に付けるだけで余計な広がりを抑えることができるので、ぜひ試してみてください。

 

美髪を保つためのヘアケア方法は?

美しい髪の毛を保つためには、当然のことながら雨の日以外のヘアケアも重要となってきます。

そこで、誰にでもできるおすすめのヘアケア方法をご紹介しますので、美髪の維持するためにも実践してみてくださいね。

 

その1:毛穴詰まりをなくす

毛穴詰まりがあることで、フケなどが発生するだけでなく髪の毛にもダメージとなるのでしっかりと解消しておきましょう。

本来毛穴の汚れを取るためにやるシャンプーも、ちゃんと洗い流せていないと毛穴詰まりの元になってしまうので普段から意識しておきたいところ。

髪の毛のために行っていることが逆にダメージとなっていることもあるので、しっかりと毛穴の汚れは落とすようにしましょう。

 

シャンプーをする時は、地肌を優しく洗いつつ、洗い残しがないようお湯で丁寧に流し落とすようにしてください。

 

その2:無駄なアイロンやコテは控える

髪型をセットする時に使うアイロンやコテですが、あまりに使いすぎるのはダメージの元となります。

なので、これらは必要最小限に使うのがおすすめで、なるべくキューティクルを守るようにしましょう。

もし、どうしても毎日使わなくては行けない人は、保湿力の高いトリートメントやダメージ補修のあるシャンプーを使ってケアしてください。

 

その3:良質な睡眠を心がける

睡眠は体の成長だけでなく髪の毛の成長にも大きく関わっています。

特に、ゴールデンタイムと言われる夜の22時~2時に睡眠をとることで成長ホルモンが活発に分泌され、髪の毛もすくすくと成長していきます。

良質な睡眠を確保できていないと、体調を崩す他に髪の毛まで栄養素が行き届かなくなり切れ毛や枝毛を増やしてしまうことになりかねません。

 

なので、毎日の健康や髪の毛のためにも良質な睡眠を確保していきましょう。

 

雨の日の髪型まとめ

おすすめ

今回は、雨の日でもバチッと決まるロングヘアーアレンジと湿気にも負けないキープ方法もご紹介しました。

湿気で思うような髪型ができずに悩んでいた人も、今回ご紹介した方法を実践すれば上手く髪型もキープできるはず。

アレンジ方法をマスターして、雨の日もお気に入りの髪型で過ごしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です